全国初の公設民営の中高一貫教育校 「大阪市立水都国際中学校・高等学校」開校

  • 2018.08.04 Saturday
  • 18:38

全国初の公設民営の中高一貫教育校
「大阪市立水都国際(すいとこくさい)中学校・高等学校」2019年開校!

 

公設民営学校とは市町村が設置し、民間団体が運営する公立学校のこと。
運営を民間団体に委託しても公立学校であることには変わりはありません。
委託法人は「学校法人大阪YMCA」に委託することが決まっています。

万が一、委託会社が何らかの理由で運営ができなくなっても、大阪市が教員を確保し、教育活動を継続するようです。

 

特色は英語教育。英語が母語の外国人教員の指導の下、国語以外の様々な教科で英語ベースの授業を行ないます。

また座学中心の授業ではなく、生徒が自ら課題を発見し、解決する課題探求型の授業にも力を入れます。

又、2023年から海外の大学の入学資格が得られる「国際バカロレアコース」を設置する予定だそうです。

 

公立学校と根本的に異なるのは、運営の主体が市町村の教育委員会ではなく民間団体という点です。

しかし、授業料は他の公立学校同様無償、高校の授業料も他の公立学校と同じです。

 

特色のある教育ができるとはいえ、学習指導要領に従い、検定教科書を使用します。

教員も基本的には教員免許を取得しないといけません。

一方教員の人事管理制度に関しては、通常の公立学校よりも規制が緩くなっています。

教員は、水都国際中学・高校では運営元の大阪YMCAが雇用を行います。

 

日本の教員免許を取得した外国人教員も多く雇用される見込みです。

外国人の教員免許の取得は難しいことから、教科に関する専門分野に関する勤務経験を持ち、第三者評価による資質の確認を行い、教育委員会による必要な研修を実施した上で特別免許状を授与することも可能なようです。

教員の給与も公務員のものに縛られずに柔軟に設定することができるようです。

 

さて、入学者選抜方針
中学校は、適性検査と英語学習に関するグループ面接によって選抜。
高校は学力検査と実技検査の成績、調査書、自己申告書、実技検査は、英文の音読、英語による口語試問を予定 

https://osaka-city-ib.jp/

場所は南港ポートタウン、東淀川区からは少し遠いですね。

8月号NEWS更新しました。

8月号NEWS

三機三様

  • 2018.07.15 Sunday
  • 12:49

塾生「消しゴム貸してぇ〜」

講師「間違えへんかったら、消しゴム要らんやろ〜?」

と言うのはお決まりのやり取りですが('◇')ゞ

 

そう言いたくなるほど、教室のごみのほどんどが消しゴムのカスです。

この消しゴムのカスがなかなか厄介。

そこで、今年に入ってからお掃除ロボットを導入しています!(^^)!

お高いのは何台も買えないので、ほぼ1万2〜3千円(/_;)

だけど、なかなか良い仕事をしてくれます💓

 

この子が一号機👇

一度の充電で3機の中でも一番稼働時間が長いのが特徴。

なかなかパワーがあり心強いのですが、何故か持ち上げるとゴミを溜めるボックスのふたが開いてしまいます((+_+))

気をつけないと💦

そして充電が長持ちする分、充電時間は長いです。

 

この子が二号機👇

小柄ですが小回りが利いて、障害物もすぐに感知して良く働きます💓

ゴミボックスにフィルターが付いており、一番ごみが溜まっています!

だけど、一号機に比べると稼働時間が短い。

スタミナに若干問題があるようです。

 

この子が三号機👇

底に布を装着できて一番薄型

薄型で自動で充電♪と言うのに惹かれて購入。

 

ところがこの子、仕事は丁寧なんだけど融通が利かない💦

何時もどこかで止まっています💦

常に気にかけてあげないと何かに躓いて止まっています。

従って、自力で充電器に戻ってることは皆無、、、💦

仕事は丁寧なんですけど、、、💦

 

三機三様

ですが、

どの子にも言えることは、

椅子を除けてあげる、マットを除けてあげる、時々覗いてあげる等々

その機械に応じたフォローをしてあげないといけないという事。

 

まだまだ、機械だけに任せておけないのが現状。

だけど、まだまだ人間のフォローアップが必要だと分かってちょっとホッとしたりもしました。

 

最後になりましたが

水害の後始末、掃除等々

この暑い中作業されている方々

水害に見舞われたすべての方々にお見舞い申し上げます。

 

災害時に威力を発揮する災害ロボットの普及は中々進んでいないようですね。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1502/04/news011.html

https://www.rescue-robot-contest.org/18th-contest/

http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=81summer&ac3=3856&Page=hpd_view

地震お見舞い申し上げます。

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 19:59

大きな地震から未だ1日しか経っていませんが、、、。

日常を取り戻すべく授業を再開しました。

 

被害にあわれた方、すべての方にお見舞い申し上げます。

 

中でも近所で亡くなられた方、そして、幼くして亡くなった女の子、、、。
学校の校舎は大掛かりな耐震工事をしているのに、、、。
あんなずさんな違法建築の壁が、守るべき大事な命を奪ったこと、許されない。
本当に怒りと悲しさでいっぱいです。

地震で男の子の方が、、、。
でも、何とか回復してくれました(^^♪



























勉強も学力も、進学も大切だけど、
やっぱり、守るべきは「命」「健康」「家族」「友達」やなぁ〜

今日も、塾長は相変わらず厳しい💦

期末テストまで早二週間足らず

期間の割にテスト範囲が広かったそうです。


まだ、地震のショックから立ち直っていない人もいるでしょうが、何かに打ち込むことで忘れられる事もあると思います。


体調を整えて期末テストを乗り切りましょう❗

入塾生全員成績がUPしました!!!

  • 2018.06.02 Saturday
  • 19:54

年度末から新年度に入塾した中学2,3年生は全員成績がUPしました!!!

(中学1年生は初めての定期テストのため比較できませんので割愛)

5教科総合400点を超えることを目標として転塾してきたN君は目標を達成できました(^^♪

中2生の入塾者3名も 2カ月余りで5教科総合 118点up↗98点up↗ 1カ月足らずで86点up↗

 

在塾生も

中3年生は 5教科総合 63%が400点以上★26%が450点以上 取得.•*¨*•.¸¸♬

最高点は479点でした。

 

成績が上がる理由は偏に「個々の課題が出来るまで帰れない。」から。

 

分からないところをしっかり教えて貰えるだけではだめなんです💦

圧倒的な演習量が必要です。
そのために優塾は中学生は週3回
定期テスト前は土曜日、日曜日もテスト対策を行います。
クラブチームみたいな塾だと良く言われます。
しかし、部活を行っている塾生が多いため、極力塾での宿題は出しません。
反対に、学校の宿題を行っているくらいです。
宿題の代わりに、自分で繰り返し行える「自立学習教材」を導入しています。
余力のある塾生はこれを繰り返し行っています。
この教材は、実力テスト対策にもなると好評です。
さて、1か月後には、期末テストが行われます。
それが終わったら、夏休みですね💛♡💓
6月号NEWSに夏期講習会の告知載せています👇👇👇

公立高校C問題(難易度の高い高校の選択問題)

  • 2018.05.04 Friday
  • 14:18
月初めのお知らせから

5月号NEWSを更新しました。NEWSは常に新しい月号に更新されます。

 

地元の方でなければ分からないと思いますが、、、。

2018年度の優塾の合格実績を見て、

「春日丘高校に合格したのは、S中学で何回か五教科総合学年1位を取っていた生徒ですよね?」と言われます。

きっとチラシ等で優塾の塾生の成績をご覧いただいていた方なのでしょう。

 

お声掛けいただいた方には申し訳ないのですが、学年1位を取っていた生徒は春日丘高校ではなく、府立S高校に入学しました。

これは、彼の意思です。

内申等に問題があったわけではありません。
しかし、公立高校の受験勉強を始めたときに「C問題を選択する高校」の受験をあえて選ばずに「B問題」で受験できる高校を選択したのです。

 

「C問題」とは

 

大阪府は英・数・国の3教科に3種類の難易度(A・B・C)のなかから、各高校が問題を選択して出題する形式をとっています。

A問題は基礎、B問題は標準、C問題は発展のそれぞれのレベルです。

特に2018年度は難易度C(発展)に設定した高校の難易度が大きく上がりました。

 

各高校は、出題する科目と、その難易度を発表しています。

それは年度によって変わります。

受験生は志望校の各教科の難易度を確認して受験対策をする必要があります。

 

そして、前出の彼は、C問題で受験する事を選ばず、B問題で受験する選択をしたのです。

それを許すことは大手の進学塾では考えられない事でしょう。

現役の成績が優秀だったから。

きっと全身全力で難易度の高い高校の受験を勧められたでしょう。

 

しかし、ご家庭でしっかり話し合われて本人が出した結論です。

 

私たちも、難易度の高い学校へ進学することだけが彼にとってのベストだとは考えていません。

 

そして、難易度の高い高校へ進学して、大変な思いをした塾生もたくさん知っています。

しかし、それも彼ら、彼女たちの意思です。

中学生とはいえ、自分の出した進路です。

しっかり向き合ってその後の人生を生きていくことでしょう。

 

そして、私たちは、彼がS高校で学年1位を取って

報告に来てくれることを楽しみにしています。

 

最後になりましたが、2018年度の中3生の受付は終了しました。

他学年は残席がありますので、こちらからお問い合わせください。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

優塾のホームページ

管理人

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM