漢字ドリルをやってきてもいいですか?

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 16:21

JUGEMテーマ:

謹賀新年

中3の受験生は新年5日から、土日を含めて、週5〜6日の受験対策授業を開始しています!

今日のタイトルは受験生ではなく、、、

小学3年生、新年最初の授業に3学期の漢字ドリルを渡した時の事です。

「先生、この漢字ドリル、家でやってきてもいいですか?」とRちゃん。

聞くと、1月の末に「漢字検定テスト」があるので漢字の練習をしたいとの事。

 

最近では小学校で漢字検定テストを実施する学校が増えているようです。

漢字検定を実施するためでしよう、前年内に1学年に習う漢字をすべて習い終えています。

 

因みに小学3年生で習う漢字は200字

1年生80字

2年生160字

3年生200字

4年生200字

5年生185字

6年生181字 6年間で1006字になります。

 

大概の子ども達は短期的に漢字を覚えて、漢字の小テストでは良い点を取る事が出来ます。

彼女も学校での国語の評価は高いのですが、漢字のまとめのテストをすると忘れている漢字が結構あります。

でも、それは、彼女だけではありません。

しかし、Rちゃんはそれをちゃんと理解していて、少しでも良い点を取るために家で漢字の練習をしたいと言います。

 

未だ小学3年生だと言うのに、何という健気な気持ちなのでしよう、、、。

 

脳科学的にも短期記憶を長期記憶にするためには「思い出す。」と言う作業が最も効果的だと分かっています。

反復することで何度も海馬に情報を送り「必要な情報である。」と認識させることが大切なのです。

 

塾では、新出漢字だけではなく、前学年の復習漢字も行います。

又、漢字は読み書きのバリエーションが豊富なので、毎日欠かさず反復練習を行うのが効果的です。

 

しかし、困ったことに、それを無理やり強いると脳は「嫌な情報」と認識してしまうようです。

それが、勉強嫌いの一因にもなります。

 

心身の成長とともに「例え嫌な情報でも必要なのだ。」と割り切り学習に向き合える子も増えてきます。

その成長の速度やきっかけは子ども達それぞれに違います。

中には成長を待っていては(受験に)間に合わないケースも多々あります。

 

私たちは日々葛藤しながら忍耐強く一人ひとりの子どもと向き合っていくしかないのでしよう。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

子ども達のやる気を引き出す一番の方法

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 18:14

JUGEMテーマ:

子ども達のやる気を引き出す一番の方法

それはずばり成績を上げる事。(結果を出す事。)

 

子ども達の性格は千差万別

やる気になる方法も子どもの数だけあるでしょう。

 

だけど、塾にやってくる子の目的は成績を上げる事。

例え塾通いが楽しくても、結果として成績が上がらなければ意欲は薄れて行きます。

 

学校やクラブを終えての塾通い。

特に優塾では中学生は週3回塾があります。

しんどい日の方が多いのではないでしょうか?

 

それでも、出席率が高いのは、

「塾に来る方が自分で勉強するよりも確実にテストで点数が取れるから。」

 

結果がついてくるようになると、不思議と自分で学習するようになる子が増えてきます。

 

しかし、子ども達も千差万別

全ての子どもがそう上手く行くとは限りません。

 

そこで、優塾では2週間の無料体験学習を行っています。

申し込みはこちらから。

※全てのお子さんが当塾に合うとは限りません。

※入塾いただく方の学力によっては、学習の遅れを取り戻し通常授業に入るまで個別指導を行う事があります。

しかし、個別指導塾ではありませんので、お引き受けが無理だと判断した場合は入塾をお断りすることがありますm(__)m

僕らは奇跡で出来ている。

  • 2018.11.23 Friday
  • 16:31
↑去年壊れてしまったのですが、復活しました!?

最近観たドラマで感動したドラマ。

高橋一生さんが主演の「僕らは奇跡で出来ている。」

少し変わった子どもだったマイペースな大学講師の主人公を通して『個性』の意味を考えさせられるドラマ。

 

第7話は主人公が登場人物の「良いところを100個」言えるシーンが印象的でした。

そして、文字を読むのが苦手な子どもが、主人公と出会って行動を共にしていくうちに、活き活きし始めて「普通の子」でいてほしい母親に「お母さんの良いところを100個言えるよ。」と上げていく。

主人公の大学講師に批判的だったその母親が自分の子どもの「個性を認めていく」シーンがさらに感動を呼びました。

 

全く個人的に感じていることですが

私は生育年齢で学年が決められる日本の義務教育を疑問に思っています。

生育年齢が同じでも、それぞれ成長の仕方が違うのに、皆が同じ学年で同じ内容のカリキュラムを一方的に学習している不自然さ。

年齢が低いほど個人差は大きく、その個人差はそれぞれの子どもが成長していく中で自分で埋めていくしかない現状。

 

一概には言えませんが、精神年齢と学習能力は密接に関係していると感じています。

精神年齢が高いほど学習能力が高い子が多い。

そして、精神年齢も個人差が大きいのです。

 

例えば、子役の俳優さんやフィギュアスケーターや運動選手。

幼いころから頭角を現す子は精神年齢が高くてびっくりするほどしっかりしています。

 

学力に差が出来てくる過程には「(一般的に言われる)頭の良しあし」だけではなく、精神年齢の成長の差を感じます。

勿論、運動能力を含め、生まれつき能力が高い子がいることは否定しませんが、全体の数パーセントに過ぎないのではないでしょうか?

 

日本の多くの子ども達は中学3年生になると高校受験を経験することになります。

今まで生育年齢で平等にほぼ同じカリキュラムで学習して来た子どもたちが「高校入試」で学校を振り分けられていきます。

人生の初の試練に、精神的にも成長して高校入学を迎えられるよう祈る日々です。

大阪府立公立高校入試 C問題対策授業を行っています。

  • 2018.10.11 Thursday
  • 14:03

前回の更新から少し時間が開いてしまいましたm(__)m

 

さて、塾では受験生は受験対策授業を含め、週4回授業が始まりました。

大阪公立高校のC問題を採択している高校を受験希望されている塾生には「C問題対策授業」を開講しています。

※「C問題」に関してはこちらにも記事を載せています。

※ この講座はC問題採択高校を受験する予定の塾生向けの講座(無料)です。

 

確かに難易度の高い公立高校は「C問題」を設定しています。

しかし、「C問題」と言えども、市立の中学校で習得する内容を逸脱したような難問が出るわけではありません。

公立の中学校で採択している教科書の内容を逸脱したような難問が出題されれば逆に問題になるでしょう。

普段からしっかり学力を養い、しっかり内申を確保し受験に備えれば、合格ラインを確保することは出来ます。

現に、優塾からもクラブやお稽古事と受験勉強を両立させて難易度の高い高校に合格した塾生はたくさんいます。

 

しかし、難易度の高い学校を受験する生徒の学力は拮抗しています。

当日の問題の出題傾向や体調などによって合否を分けることもあるでしょう。

 

大手の塾の中には早い時期から難易度の高い模擬テストを行い、結果が悪いと「このままでは絶対上位校合格は無理」と断言する塾があると聞きました。

 

早期から模擬テストでいい結果を出すためには「模擬テスト向けの学習」をする必要があります。

又、模擬テストでは難易度の高い私学が出題するような「難問」が含まれています。

「難問」を解くことに時間をさく余り、学校の学習が疎かになるようでは本末転倒です。

 

優塾では、内申点をしっかり確保して、入試ではそれぞれの高校の合格ラインを確実に超える事を目標にしています。

公立高校入試まで5カ月、子ども達の集中力が一番高くなる時期です。

この時期を逃さず、内容の濃い受験対策授業を行っていきます!!!

 

10月号NEWSを更新しました。

https://you.gr.jp/

YOU NEWS

 

最後まで責任を持って指導しています!

  • 2018.08.05 Sunday
  • 11:23

最近、「点数が悪いと塾を辞めさせられるのですか?」

と言うお問い合わせをいただくことがあります。

 

これまで成績が悪いという理由で退塾いただいたことはありません。

 

又、入塾していただいた方は全員成績が上がっています。

成績が上がらなければ入塾していただいた意味はありません。

 

在塾期間が長くなると、苦手な単元が出てきたり、成績が思うように上がっていかなかったりすることはあります。

成績が上がらないのには必ず原因があります。

 

そこで、三者懇談会では、塾講師、塾生、保護者の方を交えて、高校入試までの課題や指導方針を確認しています。

 

中には課せられた課題が「しんどい。」と辞めていく塾生もいます。

しかし、最近では、一度辞められた方がしばらくして又戻って来られるケースも増えています。

 

我々も、高校入試までの時間と子ども達の現時点の学力を照らし合わせて、最善のカリキュラムを提案する自信があります。

どうぞ、初めから「点数が悪かった。」事を想定しないで、まずは体験学習を受講してください。

申し込みはこちらから。

※全てのお子さんが当塾に合うとは限りません。

※入塾いただく方の学力によっては、学習の遅れを取り戻し通常授業に入るまで個別指導を行う事があります。

しかし、個別指導塾ではありませんので、お引き受けが無理だと判断した場合は入塾をお断りすることがありますm(__)m

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

優塾のホームページ

管理人

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM