「情報処理能力」と「生きる力」

  • 2011.04.09 Saturday
  • 10:39
久しぶりに大改定された「学習指導要領」
「ゆとり教育前の学習内容に戻る」
と言うことが強調されているようですが、
大きな目的として「生きる力」があります。

今回の大災害に際して、
特に福島の第一原発事故による放射線漏れに関する情報は
当事者である東京電力側からの情報が不足しているために
様々な「憶測による情報」が飛び交っています。

このような時
いかに情報を集め、集めた情報の中で正誤性を判断し行動するか。

これは「生きる力」にもかかわってきます。
判断を誤ると命にもかかわる事態です。

○○大学の有名な教授の言葉だから正しいと判断しますか?
○○放送で得た情報だから正しいと判断しますか?
政府が公表した情報だから正しいと判断しますか?
インターネットで得た情報を信じますか?

おそらく、一つの情報だけを鵜呑みにする人は少ないと思います。

「情報処理能力」とは
情報を素早く処理する能力だけではありません。
良質な情報を集め、集めた情報の中で自分で正誤性を判断する。
それが「生きる力」の一つの能力になると言うことを
今回の災害で実感しています。

私は、日々の学習を通して「情報処理能力」を養うことは可能だと思っています。
又、そのような指導が出来る指導者でありたいと考えています。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

優塾のホームページ

管理人

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM