大阪府立公立高校入試 C問題対策授業を行っています。

  • 2018.10.11 Thursday
  • 14:03

前回の更新から少し時間が開いてしまいましたm(__)m

 

さて、塾では受験生は受験対策授業を含め、週4回授業が始まりました。

大阪公立高校のC問題を採択している高校を受験希望されている塾生には「C問題対策授業」を開講しています。

※「C問題」に関してはこちらにも記事を載せています。

※ この講座はC問題採択高校を受験する予定の塾生向けの講座(無料)です。

 

確かに難易度の高い公立高校は「C問題」を設定しています。

しかし、「C問題」と言えども、市立の中学校で習得する内容を逸脱したような難問が出るわけではありません。

公立の中学校で採択している教科書の内容を逸脱したような難問が出題されれば逆に問題になるでしょう。

普段からしっかり学力を養い、しっかり内申を確保し受験に備えれば、合格ラインを確保することは出来ます。

現に、優塾からもクラブやお稽古事と受験勉強を両立させて難易度の高い高校に合格した塾生はたくさんいます。

 

しかし、難易度の高い学校を受験する生徒の学力は拮抗しています。

当日の問題の出題傾向や体調などによって合否を分けることもあるでしょう。

 

大手の塾の中には早い時期から難易度の高い模擬テストを行い、結果が悪いと「このままでは絶対上位校合格は無理」と断言する塾があると聞きました。

 

早期から模擬テストでいい結果を出すためには「模擬テスト向けの学習」をする必要があります。

又、模擬テストでは難易度の高い私学が出題するような「難問」が含まれています。

「難問」を解くことに時間をさく余り、学校の学習が疎かになるようでは本末転倒です。

 

優塾では、内申点をしっかり確保して、入試ではそれぞれの高校の合格ラインを確実に超える事を目標にしています。

公立高校入試まで5カ月、子ども達の集中力が一番高くなる時期です。

この時期を逃さず、内容の濃い受験対策授業を行っていきます!!!

 

10月号NEWSを更新しました。

https://you.gr.jp/

YOU NEWS

 

公立高校C問題(難易度の高い高校の選択問題)

  • 2018.05.04 Friday
  • 14:18
月初めのお知らせから

5月号NEWSを更新しました。NEWSは常に新しい月号に更新されます。

 

地元の方でなければ分からないと思いますが、、、。

2018年度の優塾の合格実績を見て、

「春日丘高校に合格したのは、S中学で何回か五教科総合学年1位を取っていた生徒ですよね?」と言われます。

きっとチラシ等で優塾の塾生の成績をご覧いただいていた方なのでしょう。

 

お声掛けいただいた方には申し訳ないのですが、学年1位を取っていた生徒は春日丘高校ではなく、府立S高校に入学しました。

これは、彼の意思です。

内申等に問題があったわけではありません。
しかし、公立高校の受験勉強を始めたときに「C問題を選択する高校」の受験をあえて選ばずに「B問題」で受験できる高校を選択したのです。

 

「C問題」とは

 

大阪府は英・数・国の3教科に3種類の難易度(A・B・C)のなかから、各高校が問題を選択して出題する形式をとっています。

A問題は基礎、B問題は標準、C問題は発展のそれぞれのレベルです。

特に2018年度は難易度C(発展)に設定した高校の難易度が大きく上がりました。

 

各高校は、出題する科目と、その難易度を発表しています。

それは年度によって変わります。

受験生は志望校の各教科の難易度を確認して受験対策をする必要があります。

 

そして、前出の彼は、C問題で受験する事を選ばず、B問題で受験する選択をしたのです。

それを許すことは大手の進学塾では考えられない事でしょう。

現役の成績が優秀だったから。

きっと全身全力で難易度の高い高校の受験を勧められたでしょう。

 

しかし、ご家庭でしっかり話し合われて本人が出した結論です。

 

私たちも、難易度の高い学校へ進学することだけが彼にとってのベストだとは考えていません。

 

そして、難易度の高い高校へ進学して、大変な思いをした塾生もたくさん知っています。

しかし、それも彼ら、彼女たちの意思です。

中学生とはいえ、自分の出した進路です。

しっかり向き合ってその後の人生を生きていくことでしょう。

 

そして、私たちは、彼がS高校で学年1位を取って

報告に来てくれることを楽しみにしています。

 

最後になりましたが、2018年度の中3生の受付は終了しました。

他学年は残席がありますので、こちらからお問い合わせください。

依然高い競争率の人気の公立高校

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 19:37

塾生全員の合格校です!

私立高校
●関大北陽・特進2※瑞光中学で特進に合格したのは優塾生だけ。

●常翔学園・特進1(特待1)文理進学3 

●金光大阪・特進(特待1)進学1 

●履正社・粁爍院

●大阪高校・文理進学(特待1)総合進学4

●大阪学院1
公立高校
●春日丘・1
(1.5倍) 

●山田・2(1.5倍)※瑞光中学で合格したのは優塾生だけ。

●芥川・1(1.23倍)

●吹田東・1(1.24倍)

●東淀川・1(1.26倍)

●芦間・1(総合)(1.13倍)

●柴島・1(総合)(1.23倍)

●市立都島工業(建築都市工学)・1(1.13倍)

大阪府の私立高校は私学助成金や特待制度があるにも関わらず、今年も公立高校の競争率は高かったです。

何時、助成金制度が廃止になるか分からないからでしょうか?

私学助成金制度があるから、思い切って公立高校に挑戦できる、という人もいるのでしょう。

何れにしても、2017年の入学試験が終わりましたほっ

受験生の皆さま、お疲れ様でしたm(__)m

 

塾では、既に新学年に向けて三者懇談会が始まっています。

 

只今、新入塾生募集中

小学新3年生〜新6年生 新中1生は席に余裕があります。

お問い合わせはこちらから。

新中2生、新中3生はほぼ満席です。

私学全員合格しました!

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 13:16

一番乗りで報告していただいたのはMさんのお母さま。

金光大阪特進&特待生で合格されました🎊

新東淀中学の女の子はたった一人だったのですが、小学4年生からコツコツよく努力しましたがんばる

中学3年間ほとんど5教科総合400点以上で100点も二回ありましたね。

そんな彼女が、金光大阪に進学を決めた理由は

プールがないから💦

進学校を決める理由は人それぞれですね。

粘り強い彼女の事です、国公立大進学を目指してコツコツ努力していくことと確信しています手

 

Kくんのお母さまも報告に来てくださいましたありがとう

常翔学園の特進で特待生をいただけたそうですおめでとう

Kくんも小学4年生から塾に通ってくれました。

時々お休みすることもあったけど、受験対策の授業はいつも最後まで残って勉強していましたね。

クラブとの両立、そして途中から引っ越しをして遠くから通ってくれました。

努力が報われましたね。

 

喜びもつかの間、併願の人は公立高校の受験が1か月後に控えています。

気を引き締めて、最後までBESTを尽くしましょうがんばる

 

塾生全員の合格校はこちらです。

 

お金をかければ東大に入れる?

  • 2017.02.05 Sunday
  • 15:51

この種の話は、誤解を招きやすく、ブログが炎上するのが嫌なので(笑)避けてきました。

先日、偶然こんな記事を見つけたので、思い切って書いてみます。

「子供の教育にお金をかければ、親は幸せになれる」

http://www.sy-br.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91/post-1136/

 

「世帯主が40〜50歳で世帯年収が950万円以上ある家庭の割合は、一般世帯で22.6%に対し、東大生の家庭では57.0%を占めたという。」

このニュースが余りにもインパクトがあったので、

「お金持ちでなければ東大に入れない。」

「お金をかけなければ東大に入れない。」

「貧富の格差は教育の格差。」etc

マスコミの格好のネタにされて世間に広がっています。

2015年(第65回)学生生活実態調査

カラーで分かりやすいので↑を使いましたが

最新の2015年(第65回)東京大学学生生活実態調査 は↓P.26

出典:http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400037152.pdf

 

毎年、年収1,550万以上の人と同じくらい450万未満の人がいる。

年収950万以上の人と同じくらい950万未満の人がいる。

 

これって、お金持ちが東大に受かるって話じゃないやん?

お金があっても東大に受からん人もいるし、お金がなくても東大に受かってる人はいるってこと。

 

「塾選びに悩んでるんだけど、どういう基準で選べばいい?」

「体験学習に行っても子どもの話では要を得ないし、説明会に行けばいい事しか言われないし、、、。」

仕事柄地域外の人によく聞かれます。

そういう時は迷わず「実績のある塾の中から近くて少しでも安い塾を選ぶこと。」を勧めます。

※最初は安くてもどんどんオプションが付いて結局高くなる塾もあるとの事ですので要注意です。

 

なぜならば

お金をかけて確実に国立大に入学できる保証がないなら、私立大学に進学した時の学費を出来るだけ貯めておく方が賢明だと思うからです。

今の年収がずっと続いていく保証もありませんし。

 

記事が不愉快に思われる方が居れば申し訳ありませんm(__)m

資料請求はこちらのホームページから。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

優塾のホームページ

管理人

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM