僕らは奇跡で出来ている。

  • 2018.11.23 Friday
  • 16:31
↑去年壊れてしまったのですが、復活しました!?

最近観たドラマで感動したドラマ。

高橋一生さんが主演の「僕らは奇跡で出来ている。」

少し変わった子どもだったマイペースな大学講師の主人公を通して『個性』の意味を考えさせられるドラマ。

 

第7話は主人公が登場人物の「良いところを100個」言えるシーンが印象的でした。

そして、文字を読むのが苦手な子どもが、主人公と出会って行動を共にしていくうちに、活き活きし始めて「普通の子」でいてほしい母親に「お母さんの良いところを100個言えるよ。」と上げていく。

主人公の大学講師に批判的だったその母親が自分の子どもの「個性を認めていく」シーンがさらに感動を呼びました。

 

全く個人的に感じていることですが

私は生育年齢で学年が決められる日本の義務教育を疑問に思っています。

生育年齢が同じでも、それぞれ成長の仕方が違うのに、皆が同じ学年で同じ内容のカリキュラムを一方的に学習している不自然さ。

年齢が低いほど個人差は大きく、その個人差はそれぞれの子どもが成長していく中で自分で埋めていくしかない現状。

 

一概には言えませんが、精神年齢と学習能力は密接に関係していると感じています。

精神年齢が高いほど学習能力が高い子が多い。

そして、精神年齢も個人差が大きいのです。

 

例えば、子役の俳優さんやフィギュアスケーターや運動選手。

幼いころから頭角を現す子は精神年齢が高くてびっくりするほどしっかりしています。

 

学力に差が出来てくる過程には「(一般的に言われる)頭の良しあし」だけではなく、精神年齢の成長の差を感じます。

勿論、運動能力を含め、生まれつき能力が高い子がいることは否定しませんが、全体の数パーセントに過ぎないのではないでしょうか?

 

日本の多くの子ども達は中学3年生になると高校受験を経験することになります。

今まで生育年齢で平等にほぼ同じカリキュラムで学習して来た子どもたちが「高校入試」で学校を振り分けられていきます。

人生の初の試練に、精神的にも成長して高校入学を迎えられるよう祈る日々です。

三機三様

  • 2018.07.15 Sunday
  • 12:49

塾生「消しゴム貸してぇ〜」

講師「間違えへんかったら、消しゴム要らんやろ〜?」

と言うのはお決まりのやり取りですが('◇')ゞ

 

そう言いたくなるほど、教室のごみのほどんどが消しゴムのカスです。

この消しゴムのカスがなかなか厄介。

そこで、今年に入ってからお掃除ロボットを導入しています!(^^)!

お高いのは何台も買えないので、ほぼ1万2〜3千円(/_;)

だけど、なかなか良い仕事をしてくれます💓

 

この子が一号機👇

一度の充電で3機の中でも一番稼働時間が長いのが特徴。

なかなかパワーがあり心強いのですが、何故か持ち上げるとゴミを溜めるボックスのふたが開いてしまいます((+_+))

気をつけないと💦

そして充電が長持ちする分、充電時間は長いです。

 

この子が二号機👇

小柄ですが小回りが利いて、障害物もすぐに感知して良く働きます💓

ゴミボックスにフィルターが付いており、一番ごみが溜まっています!

だけど、一号機に比べると稼働時間が短い。

スタミナに若干問題があるようです。

 

この子が三号機👇

底に布を装着できて一番薄型

薄型で自動で充電♪と言うのに惹かれて購入。

 

ところがこの子、仕事は丁寧なんだけど融通が利かない💦

何時もどこかで止まっています💦

常に気にかけてあげないと何かに躓いて止まっています。

従って、自力で充電器に戻ってることは皆無、、、💦

仕事は丁寧なんですけど、、、💦

 

三機三様

ですが、

どの子にも言えることは、

椅子を除けてあげる、マットを除けてあげる、時々覗いてあげる等々

その機械に応じたフォローをしてあげないといけないという事。

 

まだまだ、機械だけに任せておけないのが現状。

だけど、まだまだ人間のフォローアップが必要だと分かってちょっとホッとしたりもしました。

 

最後になりましたが

水害の後始末、掃除等々

この暑い中作業されている方々

水害に見舞われたすべての方々にお見舞い申し上げます。

 

災害時に威力を発揮する災害ロボットの普及は中々進んでいないようですね。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1502/04/news011.html

https://www.rescue-robot-contest.org/18th-contest/

http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=81summer&ac3=3856&Page=hpd_view

地震お見舞い申し上げます。

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 19:59

大きな地震から未だ1日しか経っていませんが、、、。

日常を取り戻すべく授業を再開しました。

 

被害にあわれた方、すべての方にお見舞い申し上げます。

 

中でも近所で亡くなられた方、そして、幼くして亡くなった女の子、、、。
学校の校舎は大掛かりな耐震工事をしているのに、、、。
あんなずさんな違法建築の壁が、守るべき大事な命を奪ったこと、許されない。
本当に怒りと悲しさでいっぱいです。

地震で男の子の方が、、、。
でも、何とか回復してくれました(^^♪



























勉強も学力も、進学も大切だけど、
やっぱり、守るべきは「命」「健康」「家族」「友達」やなぁ〜

今日も、塾長は相変わらず厳しい💦

期末テストまで早二週間足らず

期間の割にテスト範囲が広かったそうです。


まだ、地震のショックから立ち直っていない人もいるでしょうが、何かに打ち込むことで忘れられる事もあると思います。


体調を整えて期末テストを乗り切りましょう❗

エゴサーチ「塾ナビ」の検索にかからない?!

  • 2018.03.02 Friday
  • 06:16

優塾は、本校1校のみの地元に根差した小さな塾です。

卒塾生も毎年20名前後です。

 

大手塾は姉妹校がたくさんあり、毎年多くの受験生を各地に抱えています。

有名私学や難易度の高い公立高校に入学する生徒が多いのは当然の事でしょう。

塾に通わせ家庭教師も付けている家庭も少なからずいます。

合格実績最優先の大手塾では、優秀な生徒に力を入れる余り、伸びる可能性のある生徒を伸ばし切れていないのが現状のようです。

事実、大手塾から優塾に転塾して成績が伸びた塾生もたくさんいます。

 

全国展開をしているフランチャイズの学習教室や個別塾では、本部が一括して広告やテレビCMを打つことができます。

各フランチャイズ教室は、その広告費をフランチャイズ費用として払っています。

その費用は、当然、授業料に含まれています。

 

勿論、優塾も募集のための宣伝広告費を毎年計上しています。

しかし、本校1校のみの塾ゆえ、そんなに多額の広告宣伝費をかけることは出来ません。

又、ご紹介による入塾者が過半数なので、広告宣伝費は最小限に抑えています。

 

しかし、昨今、大手塾や大手個別塾からの転塾者が多くなりました。

中には、「最初から見せていただければ、もっと伸びたのに。」

と思う子も少なからずいます。

 

そんな時、広告に「塾ナビ」を見つけ、優塾を検索してみました。

いわゆる、エゴサーチですね!

 

「阪急京都本線 上新庄駅 集団塾」で検索したところ7件の塾がヒットしましたが、その中に優塾がなかったのです(# ゚Д゚)

阪急京都本線 上新庄駅 北口 徒歩3分ほどの所で30年行っているんですけど。

検索にかかった塾を見ると、やはり、大手塾、全国展開のフランチャイズ塾

転塾してこられた方の中には、この中に優塾があれば、高い授業料を無駄にせず、もっと早く学力が伸ばすことが出来た

かもしれないのに、、、タラレバの話、言いすぎました(笑)

 

しかし、匿名の口コミサイトって、いい加減なんですね。

「塾ナビ」だけでしょうか?

私、怒ってます。

 

追記:このことに関して、「塾ナビ」に問い合わせたところ、「塾のカテゴリーを集団塾に変更した」との連絡がありました。

勝手に間違った情報を登録したのは「塾ナビ」です。

それに対して謝罪の言葉もありませんでした。


こんな記事も見つけました。

塾ナビの口コミはなぜ大手塾ばかりなのか。

手と脳

  • 2017.09.21 Thursday
  • 15:46

 

「手は外部の脳である」

「手は第二の脳である」

ご存知の方も多いと思いますが、このように手は最も脳を刺激する器官の一つです。

 

ところが、机から右手(利き手)しか出さない子が結構いるのです困る

文字を書いている間も、片方の手は机の下のまま。

こうなると姿勢も悪くなるし、意欲的にも見られません困る

 

夏期講習会に体験学習に来られた小学3年生の男の子男の子

やはり、利き手だけを机に出して文字を書き始めたので

「両手を出してね。」

と言うと、元気よく「ハイ!」

正に冒頭の写真の様に、無邪気に私に両手を差し出したのですびっくり

これには一緒に学習していた子どもたちも大笑い大笑い

 

そんなTくんも、体験学習を経て優塾の仲間になりました(^^♪

 

優塾では二週間無料の体験学習を受講いただけます。

お問い合わせはこちらから。

 

2017年9月現在の募集状況

小学生3年生〜6年生 残席があります。

中学1年生 残席があります。

中学2年生 お問い合わせ下さい。

中学3年生 満席につき受付を終了しました。

※ 残席状況は変わることがあります。

※ 状況によってはせっかくお問い合わせいただいてもご希望に添えないこともありますので予めご了承ください。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

優塾のホームページ

管理人

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM